労働力はどこへ?

投稿者: | 2016/12/29

なんとなく書いてみた、、、

ネットショッピングにおける運送業者の過酷労働について、いろいろと話題になってますが、利用者側で一工夫する(まとめて注文、配達日時指定など)ことも、その緩和に役立つのかもしれないですけど、そもそものシステムがそうなっているので、利用者側の工夫では、根本的な緩和にはなら無いと思います。

首都圏や一部の地域では、即日配達や、数時間後に配達するなどと言う、とんでも無いサービスもあるわけですけど、料金は変わっていないので、どう考えても配送業者に負担が掛かるのは、わかりきっているのです。

これって、現場を持つ会社はどこも直面している問題で、そもそも現場第一線で動く人の数が激減しているのです。
いくら良いサービスと提供しようとプランを企画しても、それを実際にこなせる事が困難になってきています。

これは少子高齢化とか、そういう問題でも無いと思うんですけど、何が原因なのかはよくわらないんだな、これが、、、
ゆとり教育が原因なのかもしれないけれど、それだけでも無い様な気がするし、、、

40代の人って少ないく無いですか?
どこ行ったんだろう、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください