怒濤のライブ体験

投稿者: | 2010/12/14

ようやく書いたと言うか載せた渋谷109での翼イベント (渋谷に行って来ただ(その2))
まぁ今更感が相当強かったのですが、自分の記録として残しておきたかったので、敢えて書きました。
 
 
その後、109イベントでコータローちゃんを通して、ネット上での知り合った方達とも直接会え、何かが吹っ切れたと言うか、糸が切れた(爆)かのようにライブに行きました。以下はその記録w

11/22(月)
Cafe & Live Anie丸山ももたろうさん&Tattoさん

この日は、もっと自宅に近いところで西村歩さんのライブもあったのですが、ももたろうさんのギターをどうしても聴きたかったので、後ろ髪を引かれる思いで(大袈裟w)Anieに行きました。

なんだけど、ほぼTattoさんのサポートでももさんらしいソロギターは1曲だけしか聴けなかった。
しかもTattoさんが体調不良のため今年で活動を休止するとかで、そのお知り合いや、コアなももさんファンが多くて、σ( ̄。 ̄) オイラはタジタジ。

結局、サインさえも貰わずに帰ってきたのでした。(T_T)シクシク

 
おまけ

Momotaro_HiramitsuGuitar

Momotaro's HiramitsuGuitar

11/23(火)
Sann Cafe西村歩さん

吹田には以外と沢山ライブハウスがあるのですねぇ。
以前、岡崎倫典さんもここでライブしてはりましたが、その時は岸部さんを見に同じ吹田の5thStreetに行ったのでした。

んでここね。JR吹田から・・・遠い!
まぁ、毎日の通勤で会社へ歩くのとあまり差は無いとは思いますが、坂を登ったりするので遠く感じます。

Sann Cafe

Sann Cafe なかなかオシャレ〜

この日は、Noiryaさん、hiroさんもご一緒でしたが、西村さんのライブを今日にしたのは、共演される方にも興味があったからなのです。

天満俊秀(てんま としひで)さん
日本では少ないケルティックギターと言ってアイリッシュ系の音楽をギターで表現されている方です。
詳しくは上のホームページまたは-> http://www.ayumusic.com/gazou/Sann_joint.jpg でw

通常ならホスト役として天満さんが先に演奏して、その後西村さんが・・・と言うハズなのでしょうが、天満さんが午前中別件の用事があったらしくて、先に西村さんが演奏することとなりました。

西村さんの方は、相変わらず魂の入った演奏でした♪
前回聴いた時とは曲の表情の付け方が変わっていたかもしれませんが・・・。
それは寒かったからかもw
ダイエットして体脂肪も減ったからメチャクチャ冷えるのかなぁ~。そこら辺は良くわかりませんが、途中で暖房を入れてもらってました。

天満さんの奏でるケルティックギターは、私がEd GarherdのThe Water is Wideが大好きなので、そう言った感じなのかなぁ~って思ってたんですが、弾いてはったのはチョット違う系統だったな。
ダンス民謡(だと思うのですが)を多く弾かれていたのですが、めちゃ早いパッセージの曲もあって、こりゃ弾けないなと・・・。
ま、正直なところを言いますと・・・早いテンポの曲でも単調なリズムが多かったので(・・。)ん?って感じではありました。ある人は眠りに入った様で(爆)

 
おまけ

Nishimura's Guitar

人のギターを勝手に弾く人(爆)

11/27(土)
Cafe & Live Anie田中彬博くん

ももたろうさんと同時に予約していたアッキーのソロライブ。
以前にヤマハ主催のクリニックには行ったことがあるんだけど、単独ソロライブは初めて!
しかも今回は39th Walnut Valley Festivalの優勝がお土産です。

Anieのママさんが開始時間を30分間違えて告知してしまっていたので、アッキーに了解の上でリハの時からお店に入れて頂きました。
その為、いろんな曲を聴けたので、本番は全然違う曲だったりして(笑)・・・なんて冗談も入りながらのリハ風景を見ておりました。

あらためて聴くアッキーの曲、演奏・・・

バラードからノリノリの曲までバラエティに富んだレパートリーを持ってはるのですが、どれもメリハリがあって表情がありました。
何にも増して、どの曲を弾いている時でもアッキーが本当に楽しそうなんです。
西村さんとは気持ちの入れ方がチョット違うんじゃ無いかなぁ。・・・と外から見た感じですが。

そんなライブの最中に、ある方からメールが来て
「あるメーカーのギターを製作中らしいですよ」
とのこと。

ライブ後にご本人に確認しましたら、
「良くご存じですねぇ。そうなんです」
「三木楽器さんでの井草君とのインストアライブでお披露目しますよ」
とのことだったので、すかさず予約メールを入れましたとさw

今の内に見ておくべきギタリストだと思ったので、次週のライブ(富田林)もメールで予約とww

ライブ後にTwitterでも呟いたのですが、楽曲の親しみやすさや、演奏スタイル、エンターテナーとしてのパフォーマンスを見てもコータローちゃんの次に来るのは、彼だと思います。
スタンディングで弾いてもミスしないので、ある意味コータローちゃんを超えているかも。
コータローちゃん ごめんちゃいm( __ __ )m

今、本当にノリに乗っていると思うので、見てない方は是非見て下さいませ。

 
おまけ

Akky_LiveAtAnie01

手書きのポスターw


Akky_LiveAtAnie02

アッキーのヤマハギター


Akky_LiveAtAnie03

アッキーといっしょ at Anie

11/28(日)
PRIMO PIATTO(プリモ・ピアット):ギターデイ

次のアッキーライブの下見も兼ねて、行ってきたのは富田林のLive Bar Primo Piattoさん。
この日は、Noriyaさんが本当の意味で他人の前での初ライブ。
更にPマスさんも出演するとのことなので、そりゃ見に行かないとダメでしょうってことです。

Pマスさんは、いろんなところで弾いてはるのでさすがに場慣れしてはるのですが、ソロギターを始めてからたったの3年ってのが、未だに信じられん!
シールドかピックアップの不具合でノイズがかなり入ってしまっていたのがチョット残念。

Noriyaさんの方は、外から見る限り非常にリラックスしているようでしたが、実際はそうでもなかったようでした。
こちら=> 初ライブやりました – Primary Planet
初めてピックアップを通したので、音創りはマスターにお任せで、少しリバーブが強めだった気はしますが、十分に自然な音でした。
L.R. BaggsのAnthem かなり良いかもです( ̄▽ ̄)b
演奏もミスはあったものの、落ち着いてリズムも崩さず、良い感じでしたねぇ。

私なんて皆さんが一通り弾かれた後で「練習」ってことでチョット弾かせて貰ったのですが
・・・・・・o(ToT)o ダー
指が震えちゃってました。(6 ̄  ̄)ポリポリ

NoriyaさんとPマスさん以外にも、山崎まさよしの弾き語りをする方(家がここから5分も掛からないとか!羨ましい)、キャップかぶって7分パンツ(パラシュートパンツって言うのでしょうか?)のお兄ちゃんがなんと!フルアコでジャズを弾いちゃうとか、とか・・・。
なかなかに面白かったし、みなさん一生懸命だし上手いですわ。

んでもって、ここのマスターが極めつけです!
お店のHPから見てもらえばわかるんですけどね。兎に角スゲーうんまい!
何曲か弾いて頂いたのですが、手が小さくても全然大丈夫!ってことを素でやってはりました。
普段は、クラギを持たれてるいるようでしたが、NoriyaさんのFurchで弾いてもらいました。
失礼ながらセーハすると人差し指がギリギリっぽくて、なんか可愛いのですが、ちゃんと鳴るんですよね。(当たり前ですけどw)
んでプリアンプはマスターのピックアップ(L.R. Baggs DualSource)に合わせて作って頂いたと言う完全オリジナルでした。実は最初にここ(プリアンプ)に目がいったのですがね(爆)
リバーブはレキシコンのMX200だったと思いますので、十分ですね!

こう言う気軽なんだけど、ギターマスターって感じの方がおられる店っていいなぁ
もうチョット近いと良いのに・・・。こっちに(* ̄o ̄)r オイデー

ちなみに、Noriyaさん、Pマスさん、Hiroさん、それに私は、みんなFurchユーザーなのです( ̄▽ ̄)b

 
おまけ

liveatpirimopiatto02

だれかです(爆)at Primo Piatto


liveatprimopiatto01

だれかです(爆)at Primo Piatto

12/4(土)
PRIMO PIATTO(プリモ・ピアット):田中彬博くん

はい。2週続けてのアッキーライブです(笑)

演奏は、もう完璧です!

彼は、非常に頭が低いし、言葉使いも丁寧だし、マジで好青年です。
たまに険しい顔つきなった時は、お!ゴルゴに出てくる中国人か?!みたいな時もありますが・・・。
いや以外に目は細いんですね。σ( ̄。 ̄) オイラと一緒(関係無いっとw)

この日は、ライブも良かったんだけど、打ち上げにそのまま流れ込むと言う素晴らしい企画があることを、教えて頂きまして、当然居残り決定です!
まぁ車で来てるのでアルコールが全く飲めないのはチョット面白くないですが・・・。

ライブが一通り終わって、なんだかんだとアッキーを囲んでギター談義と言うか機材の話もさせてもらってですね。
プリアンプは我らがEnfiniさんのPM-200efでした。以前はM-Factoryのだと思っていたのですが、プラグインするところの形状が違うなぁ~って思って聴きました。
音圧が違います!とのことでした。
欲しいなEnfiniプリ…( = =) トオイメ
さらにリバーブですが、RolandのRRV-10って言うのを使ってはるのだけど、なんと!!あのLXP-1から変更とのこと。
RRV-10もLXP-1も廃盤なのですがLXP-1と比べると値段が雲泥の差あります。

こう言うのって面白いですよね。やはり音創りは個性なんだなぁ~って改めて感じたところです。
今の流行はマグ&コンタクトなんですが、それが良いと言う人もいれば、コンタクト&マイクが良いと言う人もいますし、いやインブリッジピエゾが良いと言う人もいるかもしれません。

私はこう言うのが好きで、あれこれ試しているのですけど、レアースブレンド&ニコピン、Sunrise&Enfiniコンタクト、さらにTS-3ピックアップシステムの3種類をギターに付けてますが、自然な感じでは、断然コンデンサマイクを持っているレアアースブレンドかTS-3が良いです。
しかしSunriseは、捨てがたいモノがあって、音量が大きくなるほど、自然な鳴りになるような気がしてます。
マグとコンタクトのブレンドの仕方で随分音色も違います。同じシステムでもコータローちゃんとコマンチさんの違いがそれですね。(コータローちゃんは、プリアンプ以降が全然違いますけどw)

話は戻って・・・
簡単な食事をみんなでテーブルを囲んで頂いたのですけど、気さくになんでも話をしてくれるんですねぇアッキーは!
んでもってなんとですね、Noriyaさんが押尾ネタを振ったら「昨日Fantasy!を練習してたんですよ」ってなことになって、そこで弾いたんですよね。
さらに、最後の最後には戦メリまで・・・
冷静に考えると、プロとしてチョットやり過ぎな感は無きにしも非ずですけど、そこがアッキーなのですね。

 
おまけ

AkkySetlists_AtPrimoPiatto

セットリスト(実際はチョット違った)


Akky_AfterLive_PrimoPiatto01

打ち上げなう!その1


Akky_AfterLive_PrimoPiatto02

打ち上げなう!その2

 
 
・・・つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください