2008 Live at Festival Hall(その2)

場所:大阪フェスティバルホール

日時:2008年8月30日(土)17:45開場、18:30開演


これから「盛り上がり」ってところから・・・


ちょっとMCが入ります。


「そろそろ、お尻の方もむずむずしてきたんじゃ無いですか?じゃぁ背伸びをしましょう!」

ってことで、全員立ち上がり、まじめに背伸び。σ( ̄。 ̄) オイラ2回しました。(≧∇≦)/ ハハハ


知っている人は知ってるけど、立ち上がるってことは、これから怒濤のエンディングに向かうってことでもあります。


その1曲目は・・・

「忙しいに2が付いて、そりゃもう忙しい曲です」みたいなMC付きで


Busy2


この曲は聴いたこと無かったです。まぁBeHappyの時はまだコータローちゃんに深く係わっていなかったから、ツアーでやったのかどうかも知らないんですけど・・・。

この曲と先のファイト!が生で見れるとは、思ってもいませんでしたね。


続いて、私の記憶では・・・

もうね、ここからは立ちっぱなしだったんで、メモすることも出来ず・・・と言うか、ただただ楽しんじゃいましたので、曲順は間違っているかもしれません。


翼~you are the HERO~


そしてこの曲では、イントロの最後、6弦辺りをデコピンするところで、会場内に銀テープが舞い上がりました。

おぉ!わぁ~~と言う歓声が一番大きくなったところかな?


その銀テープには、こう書いてありました。

「THANKS TO YOU ,A HAPPY DAY,ALL FOR LOVE」

「KOTARO OSHIO at FESTIVAL HALL 2008.8.30」


その次は、MC入りで・・・

「フェスティバルホールでもやりたいんです!」


Big Blue Ocean


コータローちゃんも会場もノリノリなんで、曲はドンドン進行していきます。で、いよいよって時・・・

「では、左手の○○持ってるあなたから・・・」

なんて言ったのか良く聞き取れなかったんですが、この時になってみんな気付いたと思うんです。


みんな立ってるやん!

どうすんねん?

まぁ、立ってても手で出来るけどなぁ~


(σ( ̄。 ̄) オイラの思いですw)


コータローちゃん、興奮しすぎていたのか、みんなが立っている事をすっかり忘れてたんですね。

さすがに誰かが言ったか、自分で気がついたのか・・・

「ウェーブはやっぱり座ってからでないとね」

会場全体が笑いと安堵だったに違いありません。


後は滞り無くウェーブは進行しました。

今まで2階席でやってたんで、1階席から後ろを見たウェーブはやっぱり凄いなぁ~と。


更に怒濤のエンディングは続きます。


MC入りで

「夢は持ち続けて下さい!」


Rushin’


いや、もうなんにも要りません。

この年で縦乗りするかと思うくらい(≧∇≦)/ ハハハ


そしてエンディングを飾る曲は・・・間違いない


Hard Rain


クルクル回るパフォーマンスはそのままに、会場をところ狭しと走ってました。

怒濤のエンディングは終始そうだったんですが、オーケストラスペースと思われたステージ前は、一段下がっているだけで、走り回れる様になっていたんです。


そりゃ、間近にコータローちゃんを見れましたよ。

こっちを見て(*^-^)ニコってしてくれたと・・・・みんな思うことは一緒だと思うんですけどね。

一応、σ( ̄。 ̄) オイラNature SpiritのTシャツ着てましたし。絶対そうなんです!(まだ言ってるし(^u^)プププ)


このエンディングでは、GREVEN D Herringbone、MARTIN D28GE、KAMEOKA KMD Cutaway、噂のYAMAHA LL86 CUSTOMを使っていましたが、一番最初がMartinだったことは覚えてますが、どの曲でどのギターだったかは・・・覚えてないですね。


最後は、ステージ右、左、正面と手を振って、最後に中央で深々と、そして長いおじぎをして、ステージ左へ下がっていきました。


やっぱり、この手のストローク曲は格好良いですわ。

最後の決めが、また格好いいもんなぁ~。


当然アンコールです。


どこから出てくるんだろう?

みんなステージなんて見てなかったですね。私も連れに「アンコールは客席に下りて来るんだよ」って説明してまして、2階席を見上げていました。


その時に歓声が・・・え?どこ?2階には・・・居ないけど・・・

みたいなチョットした時間がありましたが、∑( ̄□ ̄;)ナント!!ステージに居るじゃなですか!


桜の時より意表を突かれました(´~`ヾ) ポリポリ・・・


そして、おもむろに弾き始めた曲は・・・


ウルトラQ


で、出た~~~~~!

Dramaticライブで見て(DVDね)こりゃ楽しいなぁ~と思った感覚が、今、生で蘇ってるよ~!

一緒に居た連れは「ねぇ~ねぇ~なんて曲?」なんて聞いてきましたが、知らないだろうなこの時代を・・・orz


当然続けて弾く曲は・・・

チャ、チャ、ッチャの手拍子も自然に起こった


ウルトラマン!


で、で、出た~~~~~~!

これ!これ!

同じくDramaticライブDVDで見て、コレ弾きたいなぁ~とweb上を探し回ったもんです。

その甲斐あってか、譜面は見つけたんですが・・・未だに弾けません。すっげ~難しいです。


こうなりゃ、アレも行くな!


ウルトラセブン!


ヤッターヽ(^◇^*)/ ワーイ

期待を裏切らない演出。これも生で見れるとは!

知っての通り、この曲は最初の部分で4声ハーモニーで「セブーン」「セブーン」「セブーン」「セブーン」となるわけです。


ここで狙って無いとは思いますが、どうしてもコータローちゃんが言う最初の「セブン」の音程がおかしい。

「違うよ~!」なんてダメ出しもあって、コータローちゃんかなり(@^^)ゞ ポリポリ状態でありましたが、1オクターブ間違えってことが判明し、やっと4声ハーモニーってところなんですが・・・、

会場を3つに分けちゃったので「ホントはもう1っ個要るんだけどな~」「仕方ないので僕が歌います」ヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘと言う落ちで・・・。


そして、これから、どうなるの?って時に、手を挙げてさっさとステージ横に下がっちゃったんです。

会場からは「え~~~~~~~?」「ヾ(^o^;オイオイ・・・」って声が、マジで出てました(≧∇≦)/ ハハハ


これで終わりって訳はさすがに無いやろう、誰もが思ったでしょうが・・・やっぱり不安はあったと思います。

が、会場の照明もそのままでしたので、┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・


今度こそ、ダンコロだな。と確信も出来ましたけど・・・。


そして、期待通りダンコロの始まり・・・・2階席~1階席へ

ただ、声の掛け合いとか、途中のサービス曲とかは無かったんですよね。


1階に下りてからは、あまり歩き回らずにそのままステージへ上がって、

「恒例のメンバー紹介です!」


この時の私の連れの言葉

「メンバーって一人じゃん?!」

そう、それが正しいツッコミです(≧∇≦)/ ハハハ

「まぁ見てて・・・」


オン ベース 押尾コータロー

オン エレキギター 押尾コータロー

オン クラシックギター 押尾コータロー

オン 津軽三味線 押尾コータロー

オン フォークギター 押尾コータロー


もう、まさにDramaticライブそのものを展開してくれました。

フォークギターではチャンピオンをワンフレーズそのまま歌ってましたし、ライラ,ライラ,ライラ,ライの合唱もやりました。O(≧▽≦)O ワーイ♪

そして、途中で声の掛け合いもやって、うん満足!


ですが、なんと今回は・・・

「最近メンバーに加わりました。」

「オン 鼓笛隊 押尾コータロー」

クラシックギターとコレには、笑わせて貰いました。


最後は・・・これで締め!

オン ドラムス 押尾コータロー


連れも納得のメンバー紹介でありました。


そして、ホントのエンディングが近づいて来ます。


まずは・・・


Brilliant Road


これも定番で、合唱も当然やりました。

やっぱりストローク系は盛り上げるなぁ~。


そして最後の曲になりました。もう夏も終わりですね。

と言うMCで弾いた曲は・・・


あの夏の白い雲


バックには、青い空に白い雲・・・当たりまですが、スッキリした気持ちと心惜しい気持ちが入り混ざったラストでした。

この曲も、最初の入りが良いなぁ。練習しちゃうかなっと思いましたね。


あぁ、終わったなぁ~と思ったんです。


思ったんです・・・


が、ステージは暗転したまま・・・え?え?マジ?まだ出てくれるの?

と、みんな思ったと思います。

だってね、怒濤のエンディングから、もうね1時間位経ってるんですよ。

でも、やっぱりステージは暗転のままなんで、アンコールの拍手を続けたんです。


そしたら、そうしたらですね、この日のグッズTシャツにジーンズ姿のコータローちゃんが、GIBSON L1を持って、出来てたんです。

:*.;”.*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.”;.*: ワーイ♪

そりゃ、会場割れんばかりの拍手です。


最後のMCは・・・・

「もう電気の力は借りません。2階席まで届くようにしっかり弾きます。」

「でも照明は付けておこうね。」

「ファーストアルバムの時に作った曲です。」


で、本当に最後の曲を弾いてくれました。まさに生です。


黄昏


(T-T) ウルウル

。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン


え~っとココからチト修正・・・

もうね、ああた。この曲、最初に買ったDramaticのCDで一番最初に弾きたいと思った曲なんですよ。


もうね、ああた。この曲、最初に買ったDramaticのCDでコータローちゃんに打ちのめされて、次に買ったStarting Pointで一番最初に弾きたいと思った曲なんですよ。


そりゃ、ボレロを弾きたいのは、やまやまでしたが、技術的に無理なことはわかっていたんで、なんとかなりそうな曲ってことで黄昏を弾いてみたんだけど・・・全然弾けずに、途方に暮れていた時に、「BeHappyのDVDに弾き方が載ってる」との情報を聞きつけ、速攻で買ってDVDでコータローちゃんが言っている通りに風の詩を練習して、次に桜・咲くころを練習して、そして何とかなるかなと、練習した黄昏なんです。

未だに満足に弾けませんが、それだけ思いは強い曲なんです。


一方で、Noriyaさんが最近、集中練習している曲でもあったので

「Noriyaさん、泣いてるな」

とも思いながら、聞き入りました。


この時会場は、本当に水を打った様に静まりかえって、呼吸する音さえ聞こえそうな感じでしたね。


それとお気づきの様に、18:30開演(10分押したかも)から気が付きゃビックリの21:30。∑( ̄□ ̄;)ナント!!

3時間におよび大ライブでした。


また、また一杯書いちゃいました。


でも、全然伝えたい事、残しておきたい想いは、書けて無いだろうと思います。

でも、それはこのライブを体験した人が感じることで、やっぱり参加した人の特権なんですよね。


Dramaticの時のツアーが、どういうモノだったのかは、DVDでしか知らないんですが、

オープニングから最後の黄昏まで、今、こうしてステージで、しかもフェスティバルホールで演れている自分を振り返りつつ、今、感じていること、想っていることを表現したライブだったんだと、私は感じました。


兎にも角にも、今までの集大成的ライブだったんじゃ無いですかね。

『押尾コータローはこうやって、ここまで来ました!』

って感じを作りたかったんじゃないかと、本当に感動しました。


堪能したライブでした。満腹!


コータロー最高!!!



セットリストとギター



(間違っていたら御免なさい)


1.ボレロ(KAMEOKA KMD Cutaway)

2.Destiny(MARTIN D28GE)

(MC)

3.ファイト!(TACOMA Thunderhawk Baritone Guitar)

4.オアシス(KAMEOKA KMD Cutaway)

(MC)

5.Dreaming(MARTIN D28GE)

6.カノン(TACOMA Papoose)

(MC)

7.Friend(Gibson CF100、マイク録り)

(アルプス1万尺~カエルの歌~ゲゲゲの鬼太郎)

8.桜・咲くころ(Gibson CF100、マイク録り)

9.見上げてごらん夜の星を(KAMEOKA KMD Cutaway)

10.ジュピター(KAMEOKA KMD Cutaway)

11.Merry Christmas Mr. Lawrence(GREVEN D Herringbone)

12.Black Monster(GREVEN D Herringbone)

(怒濤のending)

(ここからはチョットいい加減。特にギター)

13.Busy2(MARTIN D28GE)

14.翼~you are the HERO~(MARTIN D28GE)

15.Big Blue Ocean(MARTIN D28GE)

16.Rushin’(YAMAHA LL86 CUSTOM)

17.Hard Rain(GREVEN D Herringbone)

(encore)

18.ウルトラQ(MARTIN D28GE)

19.ウルトラマン(MARTIN D28GE)

20.ウルトラセブン(MARTIN D28GE)

(encore)

21.Dancing!コオロギ(TAKAMINE KO50)

22.Brilliant Road(GREVEN MD Herringbone Cutaway)

23.あの夏の白い雲(KAMEOKA KMD Cutaway)

(encore)

24.黄昏(Gibson L-1)


追記

どうも、他の方と「怒濤のエンディング」の曲順が違うので、そちらも書いておこうっと・・・。


13.Busy2

14.Rushin’

15.翼 ~you are the HERO~

16.Big Blue Ocean

17.HARD RAIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.